リップウィーブ
夏用のバッグが欲しいと思ったので、リップウィーブという織り方で厚地の布を織っています。太い緯糸と細い緯糸を交互に織って、太い緯糸の所の経糸がたくさん浮いて柄ができます。
リップウィーブ拡大
太い緯糸と細い緯糸で経糸の色が変わるのですが、遠目だと太い所の色が続いているように見えて、市松模様ができています。夏が終わるまでに織り上げて使いたいです。
関連する記事
コメント
コメントする