めがね織り帯2

今お教室で織っているのは、以前織っためがね織りの変型バージョンのうちの一つです。いい感じにできたら帯にしようと思っています。織っている時見えているのは裏側なので、時折覗き込んでどんな感じかなぁと確認しています。

めがね織り帯1

覗き込むとこんな感じです、以前織った着物地にあうかなぁ。

生平1作品目

生平1作品目完成しました、15cm幅1m位のが二枚です。講師の方が初織りにしては耳が綺麗にできてると言ってくれました、次のはもっときれいにできるよう頑張ります。2作目は25cm幅1mのを二枚織ります、整経して巻いて機にかけるところまでできました。お盆休み明けから織りだします。しかし、緯糸がまだ12グラムしか手績みできていません。あと3倍は績まないと足りませんねぇ・・・。

苧麻畑

生平研修で苧引きの体験をしました、梅雨入りしたので天気が心配でしたが晴れました、私的には少し雲ってるくらいが良かったんですけどね。

今年は天候に恵まれず、苧麻の生育が悪いそうで一般の方の体験は中止しているそうです。

苧麻を刈り取って外皮を剥ぎ、外皮の青い部分をこそぎとったら、白くてきれいな繊維になります。

苧引き体験

写真の一番左のが講師の方の分でその右のが私達研修生のやった物です。白さが全然違います、白くてきれいにするのは難しいです。

苧引きをしたのですが、生平に使う緯糸は大麻と決まっているのでこの苧麻は使えないそうです、残念。もう一回くらい苧引きできるかなぁということなので、その時には白くて綺麗になるよう頑張ります。

 

 

ルクルーク初織り

我が家のルクルーク、初織りはワッフル織りのキッチンタオルです。ガラ紡糸で吸湿性のいいタオルになる予定です。

久しぶりに経糸を整経したら、綾に棒を入れずに整経台から外してしまい、適当に筬に通したので巻き取りの時絡まって大変でした。

なんとか織りはじめたのですが、経糸がしょっちゅう切れて苦労しています。綾を失くしたせいでしょうか、それともガラ紡糸の絡まり易さのせいでしょうか・・・どちらにしても、もう切れないでほしいです。

ルクルーク初ワッフル織り

 

初地機織り

自分で作った糸で布を織ってみたくて、滋賀県にある近江上布伝統産業会館での生平研修に通い始めました。

生平というのは麻織物で、経糸にラミーの紡績糸、緯糸に大麻の手うみ糸を使って腰機で織る生地のことをいうそうです。

1作品目は経も緯も市販の糸を使って織っている間に、2作品目で使う緯糸を作っておくそうです。

麻をちょうど良い緯糸の太さに割いて撚って繋いでいくのですが、きちんと撚れていないとすぐにほどけてしまいます。

毎晩少しでもやろうと思っているのですが、眠気に負けたりして・・・2作品目に間に合うか不安ですが、頑張ります。

 

 

 

 

ヴァージンウール服地

アンチロープという名の細めのウール糸で、服地を織っています。最近お教室に入った糸なので、縮絨でどのくらい縮むかは不明だそうです。あまり隙間をあけずに織っているので、そんなに縮まないかなぁと思っていますが、どうなることやら。

織り上がったら、耳で繋いでバイアス使いのチュニックを作ろうと思っています。上手くできたらいいんですが。

ナッシェレショール完成

ナッシェレショール完成しました。織り上がり後の始末は簡単で、房を結んでお湯に浸けて乾かすだけ。しかし、手をつけずにほったらかしにしていました。気候も暖かくなり、そろそろ仕上げてしまわねばと重い腰をあげました。

ふわふわで暖かそうなのができました。



キャラメルポーチ

桜が咲いてから梅雨のような天気になり、満開の桜を青空の下見ることはできませんでしたが、今週半ばから天気が回復し雨風に耐え残った花たちを愛でることができました。これでやっと春本番がきたなぁと思うことができました。

さて、新年度が始まり新しいことに挑戦したいところですが、その前にたまったものを片付けないといけません。

といことでポーチを一種類作りました、キャラメルポーチです。作り方は簡単、チャックを付けて畳んで端を縫うだけです。一つ目はチャックをしめると模様がずれたり、端に付けたタグの位置が逆だったりしましたが、二つ目は間違えることなく作ることができました。

次のポーチも形は決めているのですが・・・いつになることやら。

金曜日に雨が降ったお陰で、春の選抜高校野球、初の決勝大阪対決を観ることができました。桐蔭が制しましたね、大阪人としては両校共優勝して欲しいというジレンマに襲われながらのテレビ観戦でした。夏の大会も楽しみです。

誕生日プレゼント

話変わって私事ですが、誕生日を迎えまして幼馴染達からプレゼントをいただきました。私の大好きなビールに鳥グッズです、何歳になっても祝ってくれるお友達がいて私は幸せ者だなぁと思う今日この頃です。

ナッシェレショール

ナッシェレというアルパカの混じったループ糸でショールを織っています。経糸、緯糸で隙間を四角く開けていますが、ループの糸は空気を含んで暖かいそうです。これは体験教室でやっていたそうで、すぐできると思って織り始めたのですが、緯糸を一段ごとに変えていると思っていたより時間がかかってしまいます。緯糸ピンクの所の色を変えて2枚織るつもりで経糸をかけたのですが、時間がかかるのでちょっと後悔しています。